5th 03 - 2014 | comment closed

全日空株主優待券の以外な使い方

全日空株主優待券の以外な使い方

全日空株主優待券は全日空が就航している国内便ならばいつでも半額で利用できるという優れものですから買取ってくれる所は多数存在します。

これを使って安く目的地まで行こうというのは普通の使い方ですよね。

ここでは一風変わった使い方を考えてみました。

この全日空株主優待券は実は株主でなくても入手可能なのです。

チケットショップを検索すればすぐに見つかりますので、これを必要枚数集める事はそれ程難しくはないでしょう。

例えば、初めて彼女と旅行に行くとしましょうか。

ここで目的地の空港までのチケットは先に予約しておきます。

そして、空港での支払いの際に「株主優待券を使います。

」と言って必要枚数の優待券をカウンターに差し出してみましょうか。

予測していなかった出来事が目の前で発生すると人は冷静な判断が出来なくなるものです。

ここで「ANAの株を持っているんだ。

」と言えばイメージダウンしてしまいます。

ここで言うのは、「知りANAの関係者がいて、彼女と旅行に行くって言ったらくれたんだ。

」とだけ言っておきましよう。

良いイメージが彼女の頭の中で進んでいきますよ。

買取に出してくれた方に感謝ですね。

全日空株主優待券の売り方

全日空株主優待券はもっていると半額で航空機を利用できるメリットがあります。

もし、自分が使わないと判断したならば買取して貰う事で現金にもなります。

では、この全日空株主優待券を買取って貰おうとしたらどのようにすればよいのでしょうか。

駅前のチケットショップに持っていくのも一つの方法ではありますが、せっかく売るのであれば少しでも良い条件で売りたいものです。

個別に対応する時間が取れるならば、ネットオークションを利用するのも良いでしょう。

しかし、落札者との連絡や発送の準備などなかなか手間がかかってしまうものです。

多くのチケットショップではネット上での買い取りにも対応してくれる所が増えています。

できるだけ手間をかけずに行うのならば断然こちらの方がよいでしょう。

全日空株主優待券の簡単な買取

では、いつ売るのがよいのでしょうか。

全日空株主優待券には有効期限かぜあります。

この期限を過ぎると使えなくなってしまうのです。

有効期限は発行してから1年間ですができるだけ残り日数の長いうちに買取って貰う方が良いでしょう。


固定ページ